2019年1月24日木曜日

「営業秘密の帰属」のページを作りました。

新たに「営業秘密の帰属について」のページを作りました。
営業秘密に関するブログ記事をまとめたものです。

最近の刑事事件において、被告が当該営業秘密の帰属が被告自身にあると主張していると思われるものもあります。
また、発明を特許出願せずに、営業秘密として企業が管理した場合、当該営業秘密の帰属が発明者である従業員にあるのか、企業にあるのかが問題になるかと思います。

営業秘密の帰属については、未だ明確ではありませんし判例も多くありませんが、営業秘密に対する意識を強く持っている企業や知財部にとっては理解する必要があると考えます。



弁理士による営業秘密関連情報の発信